薄毛治療の比較 薄毛治療の比較

はじめに

いまや薄毛治療は、ある程度の年齢を重ねた男性だけでなく、20~30代や、女性でも多くの方が関心を寄せるテーマ。髪の毛が少なくなったり細くなったりして薄毛になると、ボリュームが減ってしまいます。すると、年齢より老けた印象や疲れている印象を与えてしまう恐れが。外見に自信が持てなくなることで大きなストレスにつながる場合もあるので、薄毛治療を考える方は今後もますます増えていくのではないでしょうか。
しかし、まだまだ薄毛治療は一般的とまでは言えません。また、治療を行った人が身近にいたとしても、公にしない場合が多いので、経験談などを聞けるチャンスはなかなかありません。そのため、治療に関してどのように情報収集をしたらいいのか分からない方もいらっしゃることでしょう。このページでは、薄毛の原因やさまざまな治療法、薄毛治療を成功させるためのポイントなど、薄毛治療全般について詳しくご紹介していきます。

どうして?「薄毛」の主な原因についてチェック

薄毛の原因はいくつか考えられ、人によって異なります。また、ひとつだけでなく、複数の要因が絡み合って薄毛を進行させている場合も多いよう。考えられる主な原因は以下の4つです。


・男性ホルモンの影響

ひげや体毛などの成長を促進する男性ホルモン「テストステロン」は、加齢などにより分泌量が減ってくると、それを補うために「5αリダクターゼ」という酵素と結びつきます。それにより生成されるのが“脱毛ホルモン”とも呼ばれる「ジヒドロテストステロン(DHT)」。DHTは毛母細胞を萎縮させ、毛髪の成長を抑制するため、薄毛を進行させてしまいます。

・体質の遺伝

遺伝的要素は誰にでもありますが、遺伝するのは「薄毛」ではなく、薄毛になりやすい「体質」です。また、生活習慣などが受け継がれる場合も多く、それが影響している可能性も大きいでしょう。

・生活習慣の乱れ

睡眠不足・タバコやアルコールの過剰摂取・運動不足・偏った食生活などの生活習慣の乱れは血行不良や頭皮の状態悪化を招き薄毛の原因になります。

・慢性的なストレス状態

ストレスを慢性的に受けているような状況では、自律神経やホルモンバランスが崩れ、血流が悪化します。すると、髪の毛に十分な栄養が運べなくなるので薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。


薄毛の原因が何であれ、対策として有効なのは生活習慣を整えること。バランスの良い食事と良質な睡眠、適度な運動を心掛けましょう。また、頭皮を清潔に保つことも大切です。

原因が分かる!?薄毛のタイプをご紹介

主な薄毛の原因について見てきましたが、原因が分かれば対策もできますね。薄毛のタイプによって原因が分かる場合もあるので、主な4つについてご紹介します。


・M字型タイプ

このタイプは額の生え際の両端から薄毛が進行していき、額の中ほどの髪の毛は残るため、生え際がまるでアルファベットの「M」の字のように見えるのが特徴です。とても進行が早いので抜け毛などが気になったら、早めに対策を始めましょう。
M字型タイプの薄毛が起こる原因は男性ホルモンDHTの作用による場合が多いそう。AGA(男性型脱毛症)の典型的な症状のひとつです。

・O字型タイプ

このタイプは、頭頂部の毛髪が丸く薄くなっていき、上から見るとアルファベットの「O」の字のような形に見えるため、M字型との比較でO字型と呼ばれています。鏡で前から見ても映らないので気づきにくく、対策が遅れてしまう可能性が高いので注意しましょう。
O字型タイプの薄毛は、血行不良が原因の場合が多いよう。すべての毛髪にまで栄養が行き届かずに、十分成長する前に髪の毛が受け落ちてしまいます。頭皮マッサージなどで血行を促進しましょう。

・乾燥型タイプ

頭皮が乾燥状態にある人に起こりやすいのが乾燥型。フケや頭皮のカサつき、かゆみなどの症状が慢性的になってしまうと頭皮のバリア機能が低下します。雑菌やウイルスが繁殖することで、表面が硬くなり、発毛を阻害してしまいます。
このような症状はビタミンAの不足が招くと考えられています。緑黄色野菜やレバーなど、ビタミンAの多く含まれる食品を意識的に摂取するといいでしょう。

・オイリー型タイプ

乾燥型とは逆に、常に頭皮がベタベタと湿ったような状態の方はオイリー型タイプ。顔がオイリー肌の場合には、頭皮も同じである可能性が高いです。毛穴が詰まりやすいので、頭皮が抜け毛や薄毛が進行しやすい状態になってしまいます。
このタイプは食生活の乱れが原因の場合が多いので、脂肪や炭水化物を取り過ぎないよう注意しましょう。

「O字型」「乾燥型」「オイリー型」の場合は、すぐに対策ができそうです。薄毛のタイプを見極めて、より効率的に薄毛対策を行ってくださいね。

薄毛治療にはどんなものがある?

原因によっては薄毛の予防や対策をすることはできますが、すでにある程度薄毛が進行してしまっている場合は、症状を劇的に回復させることは難しいでしょう。薄毛が気になる場合は治療を検討しましょう。では、薄毛治療には一体どんな方法があるのでしょうか。


・価格で選ぶなら…「育毛剤」「発毛剤」

「お金がかかる」というイメージのある薄毛治療ですが、なるべくリーズナブルに対策したい方におすすめなのが「育毛剤」「発毛剤」を用いての薄毛治療。
1カ月当たり、7,000~1万円程度で始められます。
「育毛剤」はすでに生えている髪の毛に栄養を送ることで強く育てる効果のある製品。抜け毛を予防し、薄毛の進行を食い止めたり遅らせたりする目的で使用するといいでしょう。ほとんどの製品が副作用も少なく安全性が高い医薬部外品なので、ドラッグストアやインターネットなどで購入することが可能です。
「発毛剤」は髪の毛が生えなくなった場所から発毛させる商品。髪の毛を作り出す毛母細胞や毛髪の源である幹細胞に発毛を働きかけます。「何もないところから発毛させる」ということで、育毛剤よりも効果が強く、その多くが医薬品に分類されています。薬剤師の指導の元、ドラッグストアで購入できる製品もありますが、医師の処方箋がなければ購入できないものもあります。購入に手間がかかりますが、効果は高め。しかしながら、副作用も強いと言えるでしょう。
「育毛剤」はスプレータイプが主流ですが、「発毛剤」は錠剤なども一般的です。どちらも即効性はないので、目に見える効果が出るまでには3カ月~半年くらい継続し、様子を見ましょう。また、「育毛剤」「発毛剤」には様々な成分を含んでいるので、湿疹や赤みなど、頭皮に異常が出てしまうことも。敏感肌の人やアレルギー体質の人は特に気をつけて使用し、気になる症状が表れた時には、すぐに専門医に相談しましょう。

・手軽さで選ぶなら…「かつら」

手術や治療などが必要なく、購入直後から薄毛を隠すことができる「かつら」はもっとも手軽な薄毛治療ではないでしょうか。かつらにはピンで留めるタイプ、自毛に編み込むタイプ、両面テープなどで頭皮に貼り付けるタイプなどがあります。
価格はひとつ数万円~70万円程度まで、メーカーやタイプによって大きな幅があります。
髪が薄くなった部分にピンポイントで装着することができたり、全体的に薄くなった頭髪に取り付けるだけでボリュームアップさせることができたりするかつらは、取り外しが自由なので、ファッションのように好きなヘアスタイルを楽しむことができるのが大きなメリットです。しかし、頭髪を自然に見せるためには、こまめに自毛とのバランスを見て調整するなどのメンテナンスが必要。また、毎日使い続けると1~2年に1度は買い替えなければならないなど、意外にコストがかかってしまいます。

・即効性で選ぶなら…「増毛」

薄毛治療に時間をかけたくない方におすすめなのが、即日で髪の量が増やせる「増毛」。増毛は自毛に人工毛や人毛を数本ずつ結びつけたり、特殊なシートやネット素材などで人工毛を地肌に張りつけたりすることで髪のボリュームを増やすことができる技術です。
平均価格は取り付け費も含めて1本に対して50円程度が相場。増毛する量によって金額は変わってきますが、1,000本程度から始める方が多く、その場合の初期費用は5万円ほどとかなりリーズナブル。
増毛の技術は年々向上しており、結び目などもかなり間近でじっくり見ないと分からないほど。とても自然な仕上がりが期待できます。また、頭髪や頭皮へのダメージが少ない点も高ポイント。しかし、自毛が伸びるにしたがって結び目などが移動するので、自然な状態を保つためにはこまめにメンテナンスしなければなりません。1カ月に1回程度のメンテナンスが必要で、1本当たりおよそ10~20円のメンテナンス代がかかります。増毛を始めようと思っている方はメンテナンス費も含めたトータルコストで考えましょう。
増毛は「アートネイチャー」「アデランス」「スヴェンソン」「リーブ21」などの大手サロンが有名です。無料体験やカウンセリングなども行っているので、興味のある方は相談してみてはいかがでしょうか。

・効果で選ぶなら…「植毛」

薄毛にお悩みの方の中には、時間やお金が多くかかったとしても、納得できる効果を得たいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが「植毛」です。植毛は自毛や人工毛を直接頭皮に植えつけることで自分の頭皮から伸びる髪の毛を増やすことができるという画期的な薄毛治療法。クリニックでの外科手術を必要とする医療行為です。
人工毛植毛であれば、50万円以内でできるクリニックもあるようですが、自毛植毛は100万円以上かかることも珍しくありません。保険も効かず、他の治療に比べるとかなり高額な薄毛治療と言えるでしょう。
また、人工毛植毛と自毛植毛では、大きな違いがあります。人工毛植毛で植えるのはポリエステルやナイロンなどで作られた人工毛。見た目には自毛とそれほど変わりませんが、異物として体が拒否反応を起こしてしまう場合があります。しかし、自毛を使った植毛とは異なり、移植できる髪の毛の本数に限りがないため、好きなだけ移植して、ボリュームたっぷりのヘアスタイルを楽しむことが可能です。
自毛植毛は後頭部や側頭部など、まだ元気な毛髪が残っている部分から、自分の毛髪を採取して移植していく方法です。髪の毛がしっかりと定着してしまえば、メンテナンス代などの追加費用もかからず、元々生えていた髪の毛と同じように扱えるのが大きなメリット。最近、その効果の高さから自毛植毛を選ぶ人が世界的にも増加しています。
植毛が行えるのは専門医のいるクリニック。一般の皮膚科などで対応している場合もありますが、植毛に特化したクリニックがおすすめです。それは、医師の技術力が仕上がりに大きく作用するから。植毛専門クリニックなら、数多くの症例をこなしている場合が多く、満足の行く仕上がりが期待できます。

薄毛治療を成功させるポイントとは?

薄毛には様々な原因やタイプがあり、いくつかの薄毛治療法が選べることが分かりました。薄毛のお悩みはいち早く解消したいもの。治療を成功させるポイントについてご紹介します。


・生活習慣を整える

先にも述べたとおり、生活習慣の乱れは薄毛を引き起こす可能性があります。男性ホルモンや遺伝などが主な原因の薄毛であっても、生活習慣が乱れていると薄毛の進行を早めることにつながりかねません。良質な睡眠やバランスの取れた食事、適度な運動を心掛けましょう。また、アルコールやタバコの摂取はほどほどにしましょう。

・薄毛治療を考え始めたら早めに行動に移す

薄毛が気になり始めたり、治療を検討し始めたりしても、コンプレックスなどでなかなか行動に移せない人も多いよう。しかし、迷っている期間の分だけ薄毛の悩みは解消されずに長引いてしまいます。治療によって、薄毛のお悩みを克服された方の経験談などには、“もっと早く行動すれば良かった!”という反省が多く見られます。薄毛のお悩みは特別なものでも恥じるものでもありません。勇気を出して早めに行動に移しましょう。

・薄毛治療はよく比較検討し、始めたものは一定期間続けてみる

薄毛治療には様々な方法がありますが、どれが一番いい方法かは人によって異なります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、治療方法や金額、期間などを比較検討して、総合的に自分に合った治療方法を選びましょう。
特に薬剤を用いての治療や植毛では、効果が出るのに予想以上に時間がかかってしまう場合があります。すぐに見切りをつけてしまう人も多いのですが、始めたものは一定期間続けてみることも大切。いろいろな治療に手を出すと、結果的に時間とお金が無駄になってしまう場合もあるので気をつけましょう。



さまざまな薄毛治療方法についてご紹介しましたが、試してみたい治療法は見つかりましたか?1日でも早く薄毛のお悩みが解消できるよう、自分に合った治療法を見つけてくださいね。