薄毛治療の比較

薄毛治療は多くの方にとって気になるものといえます。円形脱毛症を始めとした脱毛症は、ボディイメージを大きく低下させてしまうものであり、その人の心を傷つけてしまう事といえます。どの治療法であっても、お金もかかりますので、どの薄毛治療法を行うのかを比較する方も珍しくはありません。それぞれの薄毛治療はどのような違いが在るのでしょうか。

薄毛治療として定番のものといえるのは、植毛かもしれません。人工毛にせよ自毛にせよ毛を埋め込むものですので、他人から見られても基本的に見破られる心配はありません。ただ、人工毛は安い分、少しクオリティが落ちます。予算は、5万円から数百万円までと、症状によって異なると言われています。手入などを行わないで済む分、予算がネックといえるでしょう。
そして、育毛もここ数年で浸透してきたものといえます。植毛と比較してみると、育毛剤による増毛は、増えてくるという感覚を持つことが出来るだけでなく、費用もそれなりに抑えられているというメリットが有ります。しかし、育毛剤は薬剤であり、副作用が報告されているので注意が必要です。性機能や心機能に関わる副作用がよく報告されていますし、既往として心疾患を持っている場合は使えないケースもあります。また、植毛に比べて確実に生えてくるわけではない点もデメリットといえるでしょう。

育毛や植毛と比較して、管理などを行わなければならないものとして、カツラやヘアコンタクトがあります。高級なカツラであれば10万円以上するケースも有りますが、基本的に安いのが魅力的です。ヘアコンタクトは一年で50万円程度はかかってしまいますが、カツラよりも安定した髪を手に入れられます。ただし、カツラは着用時に安定感がないと言われています。また、ヘアコンタクトは皮膚に接着剤で固定する形ですので、不安に感じる人もいるかもしれません。そして、これらは髪が生えてきているわけではないので、浮いた感じがしてしまう事もあり、周囲から気付かれてしまうケースもあります。
薄毛治療は、人生の後半を左右する大切なモノですので、比較しながら自分に適したものを選ぶべきだといえるでしょう。