人工植毛の注意点 人工植毛の注意点

人工植毛の注意点

薄毛等の悩みを抱える方は非常に多くいます。様々な対処方法があるため、自分なりに増毛を実施する方も多くいます。しかし、市販の育毛剤などを試しても、なかなか効果が上がらない方もいます。そこで、人工植毛を用いて増毛する方法があります。人工植毛は、合成繊維などによって作られた人工の毛を頭皮に植え込む増毛方法で、人工の毛の色を本人の毛と同じ色にすることができるため、自然近い状態を作り出すことができます。
しかし、植え込むのはあくまで人工物であるため、植え込まれた頭皮に何らの影響もないということはありません。人体に異物を取り込んだ時と同様に、場合によっては、拒否反応や炎症やアレルギー反応が発生するため、悪影響を及ぼすこともあります。また、単に異物だからという理由からだけではなく、植毛時に雑菌が入り込んでしまった場合にも、頭皮に感染症や炎症が起こります。

また、人工植毛は、人工的に作られた毛であるため、自毛とは異なり成長するということはありません。そのため、自然に新しく生えたり、脱毛することがないのです。自毛は成長してしまうため、自毛と人工植毛の長さを調節するように努めなければなりません。さらに、人工毛は長年にわたる使用により切れてしまうことがあります。このように、人工植毛では、植毛後にしっかりとしたメンテナンスが必要とされます。このような問題から、アメリカでは禁止とする州が多数あります。確かに、人工植毛には、植毛のスピードが速く、すぐに大量の毛を植毛することができるというメリットがあります。

しかし、自毛植毛ならば、手術が成功すれば一生毛が生えてくることになり、人工植毛で必要とされるメンテナンスが発生することはありません。手術は一回ですみ、その後は通常の床屋などを利用してヘアカットをすることができます。また、自分の毛を使うため、人工植毛で起こる異物に対する拒絶反応や炎症、アレルギー反応は起こりません。そのため、自毛植毛の方が、安全面、メンテナンス面を考えれば、利用する価値があります。