自毛植毛について 自毛植毛について

自毛植毛とは

男性型脱毛症に悩む人が行う薄毛治療のひとつに、植毛があります。
よく知られている植毛は人工毛を移植する方法で、ポリステルやナイロンなどの素材で作られています。ポリエステルやナイロンは人の体になじみやすく、本物の頭髪に似せて黒や茶色、そして白髪も再現して自然に見えるように作ることができるのです。
その人工毛を頭皮に植えていくわけですが、依頼者の希望に合わせたデザインやボリュームにすることができ、カツラを使用するよりも自然に見えるので好評です。
しかし、この人工毛の植毛にもデメリットがあるのです。人間の体に備わっている免疫システムにより、せっかく植えた人工毛を異物と認識してしまい、体外に出してしまおうとするため抜け落ちてしまうのです。一年でほぼ8割も抜けてしまう事もあり、定期的に補ってやらなければならず費用も掛かるし手間も掛かってしまいます。
しかし、植毛にももう一つの方法があります。それが自毛植毛で定着率が90パーセント以上と高い確率なのです。

自毛植毛は、後頭部や側頭部の頭髪を薄くなってしまった部分に移植する方法で、自分の頭髪を移植するわけですから異物として認識されることなく定着してくれるのです。
男性型脱毛症の場合、前頭部や頭頂部が薄毛でも後頭部や側頭部には残っているものなので、この方法が可能なのです。
人工毛と違い自毛植毛は、毛髪だけを一本一本植えるのではなく、毛髪組織ごと移植するため植えた後から生え続けてくれるので、まさに髪が蘇ったと言う感覚を味わえます。
何よりも優れているのは元は自分の髪なのですから、カツラや人工毛よりも自然で、いきなり増えると言うのではなく徐々に自然に増えていくので他人からも気づかれにくいのです。
ただ、自毛植毛は植毛して一旦抜け落ちてしまう場合も多いので、その時はショックを受ける人もいるようですが5ヶ月から半年ほど経過すればちゃんと生えてきますので、多少の不便はあると思いますが安心して生え揃うのを待ってみてください。